2008年10月25日

生活習慣で改善

生活習慣とアトピー性皮膚炎とはあまり結びつかないかもしれません。しかし健康に生活する為には、生活習慣も大切となります。先ずは就寝・起床時間など規則正しい生活を心掛け、十分な睡眠時間を確保しましょう。朝型生活がおすすめです。また運動不足の方は、適度な運動を心掛けましょう。運動には、新陳代謝を促進したり、ストレスを発散する働きがあります。また生活習慣病やメタボを予防する働きもあります。更に過剰な飲酒や喫煙も控えましょう。
posted by xxxk at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣でアトピー改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレスの解消

ストレスは、アトピー性皮膚炎の悪化原因のひとつです。人間の肉体は、少なからず精神からの影響を受けています。現代はストレス社会と言われ、職場・家庭・学校などでストレスがたまりやすい環境にあります。アトピー性皮膚炎患者は、極力ストレスを貯めないようにしましょう。また蓄積したストレスは、発散するようにしましょう。自分なりのストレス発散法を見つけることが大切です。カラオケやウォーキングがおすすめです。
なおストレスが貯まったり、発散できない場合は、医師や家族・友人に相談することも大切です。自分だけでは処理できない場合もあります。

スキンケアで改善

スキンケアは、アトピー性皮膚炎では大切です。アトピー性皮膚炎患者は、健康な肌の人より、皮膚の防御機能が低くなっています。スキンケアを十分行い、悪化させないことが重要となります。スキンケアでは、肌を常に清潔な状態を保ち、保湿を行って乾燥させないことが重要です。
肌を常に清潔に保つには、石けん選びが重要です。石けんは、過剰に皮脂を落とさず、そして適度に皮脂を落とせるものを使用しましょう。オリーブ石けん・低刺激石けん・敏感肌石けんなど自分に合ったものを選び、使用することが大切です。また洗い方にも注意しましょう。
肌を保湿するには、自分に合った保湿剤を選び、使用することが大切です。入浴の際は、自分にあった入浴剤を使用することも選択肢としましょう。また入浴後は、すぐに保湿剤を使用して、保湿することが大切です。なお保湿剤についても医師の指示を受けることも重要です。

食事の改善

アトピー性皮膚炎と食事は、深く関係しています。もし食材の中にアレルゲンが含まれている場合、原則的に摂取は控えましょう。また医師に相談することも重要です。なおアレルゲンである食材だけでなく、農薬・添加物・保存料なども含まれている食材は極力控えましょう。またコーヒーや香辛料などの刺激物やアルコールも控えましょう。なおアレルゲンが分からない場合、病院で血液検査やプリックテストを受け、確認しましょう。
アトピー性皮膚炎に限らず、健康にはバランスの取れた食事が大切です。偏食は禁物です。また食事の欧米化に比例するようにアレルギー疾患も増加しています。欧米化されて食事ではなく、和食中心の食事がおすすめです。またアトピー性皮膚炎と活性酸素の関係は、明確に確認されていないようですが、活性酸素を消去する働きがある抗酸化物質が含まれている野菜や果物も積極的に摂取しましょう。
posted by xxxk at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事でアトピー改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。