2008年10月25日

シジュウム

シジュウムは、甜茶同様花粉症対策でよく飲まれるお茶です。シジュウムには、ヒスタミンの放出を抑える抗アレルギー作用や抗炎症作用があると言われています。なお抗アレルギー作用は、アトピー性皮膚炎でも効果が期待できるそうです。また抗菌作用もあるそうです。
なおシジュウムは、古くから「聖なる木」として切り傷などの民間療法の治療薬として親しまれてきたそうです。シジュウムは、水代わりに飲むことがおすすめです。
posted by xxxk at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甜茶

甜茶は、花粉症対策の定番のお茶です。甜茶に含まれる甜茶ポリフェノールには、ヒスタミンの放出を抑える抗アレルギー作用や抗炎症作用があると言われています。なお抗アレルギー作用は、アトピー性皮膚炎でも効果が期待できるそうです。また甜茶ポリフェノールには、抗酸化作用もあります。
なお花粉症に良いと言われるのは、甜茶の中でも中国南西部の山林周辺や低木の茂みに生えるバラ科キイチゴ属の甜葉懸鈎子(てんようけんこうし) という種類です。甜茶は、カフェインが含まれていないので、水代わりに飲むことがおすすめです。
posted by xxxk at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 民間療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IgE抗体

IgE抗体は、アレルギー抗体と言われている。IgE抗体は、アレルギー反応に関係するIgEに対抗して増加し、アレルギー症状を引き起こす。特定物質に対するIgE抗体を測定することにより、アレルゲン(アレルギーの原因物質)を調べることができる。なおIgE抗体を作りやすく、アレルギー疾患にかかりやすい体質をアトピー素因と言う。
なお花粉症では、花粉の接触を繰り返すうちに体内にIgE抗体が蓄積され、IgE抗体が一定量を超えると発症する。
posted by xxxk at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症

花粉症は、花粉の飛ぶ季節にだけ症状が現れる季節性アレルギーです。植物の花粉に反応することにより、鼻水やくしゃみなどが起こります。アレルギー反応を起こす物質(抗原)をアレルゲンと言いますが、花粉症の代表的なアレルゲンはスギ花粉です。その他のアレルゲンには、ヒノキ・ブタクサ・ヨモギ・カモガヤなど約50種類の植物が報告されています。
花粉症の症状には、くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目の痒み・涙・充血などがあり、「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目の痒み」が4大症状と言われています。
なお花粉症などの季節性アレルギーと異なり、ダニ・ハウスダスト・動物などがアレルゲンのアレルギーは、通年性アレルギーと言われます。
posted by xxxk at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。