2008年10月25日

アレルゲンの除去

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンとアレルギー体質(アトピー素因)が深く関係しています。症状の改善には、アレルゲンの除去が重要です。しかし同じアレルギー疾患の花粉症では、アレルゲンを除去すれば、症状はなくなります。しかしアトピー性皮膚炎では、アレルゲンを完全に除去しても他の要因から完治が難しいのが現状です。しかしアトピー性皮膚炎を悪化させない、改善するにはアレルゲンの除去が欠かせません。なおアレルゲンが分からない場合、病院で血液検査やプリックテストを受け、確認しましょう。なおアレルゲンには、次のようなものがあります。
住宅・自動車などは定期的に掃除し、アレルゲンを持ち込まないようにしましょう。衣服や寝具は、洗剤をよく洗い落とし、日光に当てましょう。食事は、アレルゲンや添加物などないものを食べましょう。なお食事は、医師と相談することをおすすめします。
ダニアレルゲン(コナヒョウヒダニ・ヤケヒョウヒダニなど)・食物アレルゲン(卵白・ミルク・小麦・大豆・米・ソバなど)・花粉アレルゲン(ブタクサ・ヨモギ・アキノキリンソウ・アシなど)・真菌アレルゲン(カンジダ・ペニシリウム・クラドスポリウムなど)・動物上皮アレルゲン(ネコ・イヌなど)など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。