2020年12月31日

アトピー性皮膚炎増加

アトピー性皮膚炎が増加。文部科学省が行った「学校保健統計調査速報(2006)」によるとアトピー性皮膚炎に罹っている子供の割合は、幼稚園が3.7%・小学生が3.6%・中学生が2.7%だった。皮膚疾患全体から見てみても、アトピー性皮膚炎の増加が目立つそうだ。
なおアトピー性皮膚炎・喘息・アレルギー性鼻炎・花粉症などアレルギー反応が原因で起こるアレルギー疾患は、日本だけでなく、世界的に増加傾向がみられるそうだ。
厚生省が1992〜1996年に行った「アレルギー疾患の疫学に関する研究」によると何らかのアレルギー疾患を持っている人は、乳幼児で28.3%・小中学生で32.6%、成人で30.6%となりました。つまり3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っていることになるそうだ。
posted by xxxk at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アトピー性皮膚炎増加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。